モンスターカレンダー

« 2014年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

月経不順・月経痛を軽減するピル

日本では避妊用としての印象が根強いピルですが、実はその効用は多岐に渡ります。その中でも特に力を発揮す
るのが月経に関連した効果です。月経痛や月経不順の改善などに大いに効果が期待出来ます。というのも、ピル
を服用していれば期日通りに月経を起こす事が可能であり、子宮の中で子宮内膜が厚くなりすぎない内に排出す
る事ができます。すなわち、出血量が減り、尚且つ排出される時の子宮の収縮も抑制されますので、月経痛が軽
減されるのです。また、少し前述した通り規則正しく28周期で月経を起こす事ができるので、月経不順を改善す
る事ができます。周期がはっきりしているので、やり方を間違えなければ例えば試験や旅行などに月経がかぶら
ない様に調節する事も可能です。

子宮内膜症・子宮筋腫の予防になるピル

避妊目的で利用するイメージの強いピルですが、主に低用量ピルは子宮の疾患の予防、軽減を目的として使用さ
れる場合があります。子宮疾患でよく耳にする子宮内膜症は、何らかの原因によって子宮内膜と同じ組織がそれ
以外の所にできてしまう病気で、剥がれ落ちた組織が出て行く場所が無い為増大し、痛みを伴う病気です。症状
として月経の度に痛みを覚える事が挙げられるのですが、ここで活躍するのが低用量ピル。使用を続けていると
月経量が減少する為、月経痛が軽くなるのです。そして、月経量が減る事が内膜症の進行を予防する事も期待で
きます。そしてもう一つ子宮の疾患、子宮筋腫。効果の出方に個人差があるものの、ピルが筋腫を小さくしてく
れる効果があるのです。月経過多の症状がある場合も、ピルの服用により改善する事が出来ます。ただ、筋腫に
関しては逆にピルの服用で大きくなってしまうものもあるので、医師と充分に相談しながら服用しましょう。

卵巣がん子宮がん予防にもなるピル

ピルはホルモン剤である為、がんのリスクが懸念されていた事もありましたが、
現在はむしろ低用量ピルの服用で子宮体がん、卵巣がんのリスクを減少させる効果がある事がわかっています。
子宮内膜を無駄に厚くする事がなく、また排卵を抑制する効果がある事からです。

子宮体がんは閉経後の女性に発生しやすいのですが、これは通常なら異常細胞が出ても生理が来た際に子宮内膜と一緒に
剥がれ落ちてしまうものが、生理が来ない事により残ってしまうからです。
閉経後でなくとも生理サイクルに異常があるとこの異常細胞を進行させてしまいます。
この場合ピルを服用する事で生理不順を解消し、がんも予防できるという事です。
また、排卵がないと排卵で卵巣を傷つけてしまう事もなく、卵巣がんも予防出来るという訳です。

ピルは抜群の避妊効果

日本人の主な避妊方法はコンドームです。
コンドームよりはるかに高い避妊効果を誇るピルの使用率は、なぜかなかなか定着していません。
しかし実はコンドームの避妊失敗率は意外に高く、1年間で約15%程度は妊娠してしまうと言われています。
更に、使用の仕方を誤るとその率は更に高くなるでしょう。

その点、低用量ピルでの避妊を行っている方の避妊率はほぼ100%なのです。
これ以上に確実な避妊法はないと言っていいでしょう。
改良を重ねられた現在のピルは非常に安全性が高く、巷で噂されているようながんのリスク、不妊になる、太る、
と言った様な心配はしなくて良いとされています。

ピルに過剰な拒否反応を持つ日本人女性

妊娠を望まない女性の強い味方であるピル。
ピルを飲むと太るだとか、ホルモン操作をすることは怖いなどの印象から
他の避妊法と比べるとあまり選択肢には入っていないようです。
きちんと服用することで、避妊効果は99%。
また、避妊以外にも、月経時の身体の不調をなくしたり、
子宮内膜症や卵巣ガン、子宮ガンなどの疾患を予防することも可能なのです。